銀魂ストーリー
天人(宇宙人)が来襲して、突如価値観が変わってしまった町、江戸。 宇宙人、高層ビル、バイクに電車などなど何でもありの世界で、 変わらない“魂”を持った最後のサムライがいた。 男の名は坂田銀時。通称、万事屋・銀さん。いい加減で無鉄砲。 おまけに糖尿病寸前の甘党。 でもキメるところはさりげなくキメたりして…。 笑えて、泣けて、心温まる、銀さんとその仲間たちの生き様、得とご覧あれ!

151話「髪切りながら交わされる美容師との会話は世界で一番どうでもいい」
152話「天は人の上に人をつくらず髷をつくりました」
153話「寝る子は育つ」
154話「誕生日会はいつものアイツが違う奴に見える」
155話「裏の裏の裏は裏」
156話「屋台に入るには微妙に勇気がいる」
157話「男が揃えばどんな場所でも戦場になる」
158話「友達がケガしたらすぐに病院へ」
159話「みかんは一個腐るといつの間にかダンボール中のみかんを腐らせる」
160話「外国人から見たらこっちも外国人 宇宙人から見たらこっちも宇宙人」
161話「何回見てもラピュタはいい」
162話「愛とは無償のものなり」
163話「黒船は沈む時も派手」
164話「松茸のお吸い物ってアレ ホンモノよりうまいよね」
165話「柳の下にどじょうは沢山いる」
166話「一つより二つ 一人より二人」
167話「なめらかなポリゴンは人の心もなめらかにする」
168話「人の身体は小宇宙」
169話「導かれしバカたち」
170話「そして伝説へ」
171話「真似ばかりしていると訴えられる/なくなって始めてわかるいとおしさ」
172話「アメとムチは使いよう」
173話「大事なのは見た目ではなく中身/見た目より中身といっても限度がある」
174話「海に向かってバカヤローとか言う人ってまだいるのだろうか/人は閉じ込められると自分の中の扉が開く」
175話「幾つになっても歯医者は嫌」

銀魂 ●(1~25話)(26~50話)(51~75話)(76~100話)(101~125話)(126~150)(151~175話)(176~201話)
銀魂゚ ●第2期 ●第3期 ●第4期 ●第5期 ●ポロリ篇

坂田銀時:杉田智和
志村新八:阪口大助
神楽:釘宮理恵
定春/寺門通:高橋美佳子
近藤勲:千葉進歩
土方十四郎:中井和哉
沖田総悟:鈴村健一
山崎退:太田哲治
松平片栗虎:若本規夫
桂小太郎:石田彰
志村妙:雪野五月
お登勢:くじら
キャサリン:杉本ゆう
たま(芙蓉零號機):南央美
長谷川泰三:立木文彦
柳生九兵衛:折笠富美子
高杉晋助:子安武人
猿飛あやめ:小林ゆう
服部全蔵:藤原啓治
結野アナ:成田紗矢香
花野アナ:田村ゆかり
ハタ皇子:坂口候一
平賀源外:青野武
神威:日野聡
阿伏兎:大塚芳忠
星海坊主:速水奨
月詠:甲斐田裕子
坂本辰馬:三木眞一郎
吉田松陽:山寺宏一

銀魂 (1~25話) (26~50話) (51~75話) (76~100話) (101~125話) (126~150) (151~175話) (176~201話)
銀魂゚ 第2期 第3期 第4期 第5期