プラネテス ΠΛΑΝΗΤΕΣ ストーリー
時代は2070年代(2075年以降)。人類は宇宙開発を進め、月面でのヘリウム3の採 掘など、資源開発が商業規模で行われている。火星には実験居住施設もあり、木星・土星への有人探査計画も進んでいる。毎日、地上と宇宙とを結ぶ高々度旅客 機は軌道上と宇宙とを往復し、宇宙ステーションや月面には多くの人たちが生活し、様々な仕事をしている。しかし、長い宇宙開発の歴史の影で生まれたスペー スデブリ(宇宙空間のゴミ。廃棄された人工衛星や、ロケットの残骸など)は軌道上にあふれ、実際にたびたび旅客機と衝突事故を起こすなど、社会問題となっ ていた。また、地上の貧困・紛争問題は未解決のままで、宇宙開発の恩恵は、先進各国の独占状態にある。このため貧困による僻みや思想的な理由付けによるテロの問題も、また未解決である。主人公のハチマキは宇宙で働く会社員。主な仕事は宇宙のゴミ「デブリ」の回収作業。いつか自分個人の宇宙船を所有することを夢みている。ゴミ拾いは大事な仕事だと自分を納得させつつ、当初の夢と現実の狭間でこのまま現実を受け入れるか、それとも夢を追い求めるか思い悩む。

1話「大気の外で」
2話「夢のような」
3話「帰還軌道」
4話「仕事として」
5話「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」
6話「月のムササビ」
7話「地球外少女」
8話「拠るべき場所」
9話「心のこり」
10話「屑星の空」
11話「バウンダリー・ライン」
12話「ささやかなる願いを」
13話「ロケットのある風景」
14話「ターニング・ポイント」
15話「彼女の場合」
16話「イグニッション」
17話「それゆえの彼」
18話「デブリ課、最期の日」
19話「終わりは いつも…」
20話「ためらいがちの」
21話「タンデム・ミラー」
22話「暴露」
23話「デブリの群れ」
24話「愛」
25話「惑い人」
26話「そして巡りあう日々」(最終話)

プラネテス 声優
ハチマキ: 田中一成
タナベ: 雪野五月
フィー: 折笠 愛
ユーリ: 子安武人
課長: 緒方愛香
ラビィ: 後藤哲夫
エーデル: 伊藤舞子
ドルフ: 加門 良
クレア: 渡辺久美子
チェンシン: 檜山修之
リュシー: 倉田雅世
ギガルト: 若本規夫
ナレーション: 小林恭治