Steins;Gate – シュタインズ・ゲート – ストーリー
舞台は「ニュージェネレーションの狂気」による渋谷崩壊から1年後の秋葉原。
秋 葉原を拠点とする総勢3人の小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダーで、厨二病から抜け出せない大学生の岡部倫太郎はサークル仲間と日々ヘ ンテコな発明を繰り返していた。2010年7月28日、岡部は単位取得のため同期にして友人の橋田至と共に向かった講義会場で、弱冠18歳でアメリカの科 学誌に学術論文が掲載された天才少女、牧瀬紅莉栖と出会う。しかし、彼はその数時間前にラジオ会館の8階奥で大量の血溜まりの中に倒れる彼女を見ていた。 そしてそれを橋田へ報告した携帯メールは、何故かその1週間前の日付で受信されていた。その直後、ラジオ会館ビル屋上に人工衛星らしきものが墜落しており 周辺が警察によって封鎖されていたことに気付く。
検証の結果、発明品の一つである電話レンジ(仮)が偶然にも携帯メールを過去へと送るタイムマシンとしての機能を備えていたことが判明する。そしてその偶然が全世界の未来を左右する出来事になると、世紀の大発明に浮かれていた「この時の」岡部自身は知る由もなかった……。

1話「始まりと終わりのプロローグ」
2話「時間跳躍のパラノイア」
3話「並列過程のパラノイア」
4話「空理彷徨のランデヴー」
5話「電荷衝突のランデヴー」
6話「蝶翼のダイバージェンス」
7話「断層のダイバージェンス」
8話「夢幻のホメオスタシス」
9話「幻想のホメオスタシス」
10話「相生のホメオスタシス」
11話「時空境界のドグマ」
12話「静止限界のドグマ」
13話「形而上のネクローシス」
14話「形而下のネクローシス」
15話「亡環上のネクローシス」
16話「不可逆のネクローシス」
17話「虚像歪曲のコンプレックス」
18話「自己相似のアンドロギュノス」
19話「無限連鎖のアポトーシス」
20話「怨嗟断絶のアポトーシス」
21話「因果律のメルト」
22話「存在了解のメルト」
23話「境界面上のシュタインズゲート」
24話「終わりと始まりのプロローグ」(最終話)

Steins;Gate – シュタインズ・ゲート -声優
岡部倫太郎:宮野真守
牧瀬紅莉栖:今井麻美
椎名まゆり:花澤香菜
橋田至:関智一
阿万音鈴羽:田村ゆかり
フェイリス・ニャンニャン:桃井はるこ
漆原るか:小林ゆう
桐生萌郁:後藤沙緒里